丸龍図大小縁頭
銘 菊岡光利
(花押)
江戸時代後期 武蔵国江戸神田
赤銅魚子地竪丸形高彫色絵
大縁幅 38.8mm 頭幅 35.9㎜
小縁幅 38mm 頭幅 34.5㎜
上製落込桐箱入


保存刀装具鑑定書
三十万円(消費税込

Daisho Fuchigashira
"Gan-Ryu"
signature: Kikuoka MITSUTOSHI (Kao)
late Edo period / Edo,Kanda city, Musashi province
made of Shakudo
Large ; 38.8mm (Fuchi) / 35.9mm (Kashira)
Small ; 38mm (Fuchi) / 34.5mm (Kashira)
Special Kiri Box

Hozon certificate by NBTHK
300,000JPY


 菊岡光利は光政の子で佐平治と称す。沾遊と号し、俳諧にも通じて江戸の文化を体現した粋人である。横谷流の華やかな構成になる正確精巧で緻密な彫刻表現を得意としたが、この大小揃いの縁頭は式正の大小拵の備えとしたものであろう、後藤家の龍神図に倣った作風で風格がある。背景の魚子地も粒が小さく整い、縦に揃って清浄感に満ちた強い光沢を呈している。家紋のように引き締まった丸龍は細やかな彫刻ながら鱗や鰭が鋭く量感があり、色金を用いずに目玉のみが金色絵で漆黒の中に輝きがある。



丸龍図大小縁頭 銘 菊岡光利(花押)

丸龍図大小縁頭 銘 菊岡光利(花押)

丸龍図大小縁頭 銘 菊岡光利(花押)
丸龍図大小縁頭 銘 菊岡光利(花押)



Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ