雪藪柑子図小柄
銘 後藤光理(花押)

江戸時代中期 武蔵国江戸
赤銅魚子地高彫色絵裏板金哺
長さ 97.8mm 幅 14.5㎜
特製落込桐箱入


特別保存刀装具鑑定書
五十万円(消費税込

Kozuka
"Yuki, Yabu-koji"
signature: Goto MITSUMASA (Kao)

mid Edo period / Edo city, Musashi province
made of Shakudo
Length 97.8mm / Width 14.5mm
Special Kiri Box

Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK
500,000JPY


 後藤宗家十二代壽乗光理の、貴重な自身銘が刻された品位の高い小柄(注)。光理は先代通乗の嫡子で元禄二年の生まれ。享保七年に家督を相続し、後藤家の伝統的な作風を専らとする一方、台頭する町彫金工を意識したものであろうか欠伸をする虎や鋤に並んで翼を休める鶫などの独創的な図柄を遺している。この小柄は、正月飾りとして好まれた雪を被る藪柑子を題に得た作。清らかな空気と穏やかな陽の光を受けて雪解け水が滴る様子、葉陰には特徴的な赤い実を金色絵で彫り表している。雪は銀の色絵で時を重ねて黒化し、独特の強い光沢でこれも清浄感を湛えている。 

注…菊花をあしらった、製作当初の金襴製包紙が附帯しており、その上を包んでいる折紙には「壽乗作 雪藪柑子 裏彫有」と墨書されている。


雪藪柑子図小柄 銘 後藤光理(花押)

雪藪柑子図小柄 銘 後藤光理(花押)

   

Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ