宇治川合戦図鐔
銘 洛南住元武作


江戸時代中期 山城国京都
鉄地丸形肉彫地透
象嵌金覆輪
縦 78mm 横 75.9㎜ 切羽台厚さ 6㎜
佐藤寒山博士箱書
上製落込桐箱入


保存刀装具鑑定書
価格 二十八万円(消費税込)

Tsuba
"Ujigawa Kassen" (From "Heike monogatari")
signature: Rakunan ju MOTOTAKE saku

mid Edo period / Kyoto city, Yamashiro province
made of iron, inlay
Size; 78mm×75.9mm×6mm
Calligraphy on the Kiri box written by Dr. Sato Kanzan
Special Kiri Box

Hozon certificate by NBTHK
Price 280,000 JPY


 鉄地肉彫に金銀素銅の象嵌を施す手法により、合戦の場面を躍動的に表現するを得意とした鐔工に、彦根の藻柄子宗典がおり、その影響を受けたものであろう京には柊屋やこの元武などがいる。いずれも重要な意味を持つ名場面、あるいは武家が採るべき行動や規範を示したもので、後藤家の合戦図などに通じるところがある。本作は人物や背景の描写に量感があり、特に人物の表情には独創性が窺える。画面を斜めに切る宇治橋が力強く、雪解けの増水による波も複雑で一際激しい描写。



宇治川合戦図鐔 銘 洛南住元武作

宇治川合戦図鐔 銘 洛南住元武作

   

Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ