雨龍図小柄
銘 紋即乗 光孝(花押)


桃山時代 山城国京都
赤銅魚子地高彫 裏板金哺
長さ 97.5mm 幅 14.7㎜
特製落込桐箱入


保存刀装具鑑定書
四〇万円(消費税込

Kozuka
"Ama-ryo"
signature: mon SOKUJO Mitsutaka (Kao)

Momoyama period / Kyoto city, Yamashiro province
made of Shakudo
Size; 97.5mm×14.7mm
Special Kiri Box

Hozon certificate by NBTHK
400,000JPY


 姿形の優れた雨龍図を、色合い黒く重厚感のある赤銅地のみで高彫表現した傑作。後藤宗家八代即乗の作であることを、同十三代光孝が極めている。色絵を用いぬ描法は、言わば黒から光を反射している明へのグラデーションのみの表現となるため、構成線が一層重要になろう。流れるように構成された身体の表面には鱗がなく、毛彫による筋や鬣によって胴体の丸みが鮮明となり、宙を掻く手足や顔もふっくらとしているが力強い。鮮やかな色と光沢を持つ哺金による額縁効果も後藤の魅力。



雨龍図小柄 銘 紋即乗 光孝(花押)

雨龍図小柄 銘 紋即乗 光孝(花押)

   

Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ