大磨上無銘 千代鶴守弘


Katana
no sign (O Suriage) Chiyozuru MORIHIRO



越前国 南北朝後期 至徳頃  約六百三十年前

Echizen province, Shitoku era, late Nanboku-cho period, late 14th century, about 630 years ago

刃長 二尺三寸 Edge length; 69.6cm
反り 七分 Sori (Curvature); approx.2.12cm
元幅 九分六厘 Moto-haba(Width at Ha-machi); approx. 2.94cm
先幅七分一厘 Saki-haba (Width at Kissaki); approx. 2.15cm
棟重ね 二分
鎬重ね 二分二厘 Kasane (Thickness); approx. 0.67cm
彫刻 表裏 棒樋丸止・添樋掻流し
Engraving: "Bo-hi, maru-dome , Soe-hi, kaki-nagashi" on the both sides
金着二重ハバキ 白鞘入 Gold foil double Habaki / Shirasaya

昭和二十六年東京都登録
特別保存刀剣鑑定書 (千代鶴守弘)
Tokubetsu-hozon certificate by NBTHK (Chiyozuru Morihiro)

価格 1,450,000 円(消費税込)

 國安は来國俊の弟國末の孫と伝え、越前に移住して一家を成した。これが越前来で、別名を童名に因んで千代鶴丸(ちよづるまる)(注@)。守弘(もりひろ)は國安の子で文和頃の工に始まり、至徳の二代、応永の三代と続いた。日本海に面して京にも程近い越前は戦略上の要衝の一つで、建武三年に覇権を巡って南朝の新田義貞と北朝の斯波高経が激突。守弘は両朝の勇士の狭間で懸命に鎚を振るったのである。
千代鶴守弘と極められたこの刀は、大磨上げとされてもなお身幅広く先幅も充分に残り、重ねは尋常、輪反り高く鋒が鋭く延び、棒樋の丸止めに連樋が掻かれ、南北朝時代の雄大な姿の名残を感じさせる作。板目に杢を交えて縮緬状に細やかに揺れた地鉄は深く錬れて詰み、肌目を強調するように地景が躍動し、微塵の地沸が厚く付き、平地全面に淡く沸映りが立ち、鉄色晴れ晴れとしている。直刃の刃文は小模様の互の目を交えて浅く湾れた、穏やかで品の良い構成。小模様ながら抑揚変化し、刃縁良く沸付いて明るく、わずかに湯走り、小形の金線、砂流し掛かり、小足、葉盛んに入り、足の一部は茎方に傾いて所謂京逆足の態を見せ、刃中は沸匂充満して照度が高い。帽子は良く沸付き、表は浅く湾れ込み、横に展開しわずかに返り、裏は乱れ込み、火焔状に掃き掛けて浅く返る。京物の美点と覇気を兼備した優品となっている(注A)。

注@…越前府中住と伝え、武生に千代鶴神社と千代鶴之池、敦賀にも千代鶴の井などがある。また、千代鶴の呼び名が目出度いと好まれたという(福永酔剣先生『日本刀大百科事典』)。
注A…応永を降らないとされる在銘の遺作に比べて姿、地刃の出来は一段と古色が感じられる。


刀 大磨上無銘 千代鶴守弘刀 大磨上無銘 千代鶴守弘刀 大磨上無銘 千代鶴守弘 白鞘

刀 大磨上無銘 千代鶴守弘 切先表刀 大磨上無銘 千代鶴守弘 刀身中央表刀 大磨上無銘 千代鶴守弘 ハバキ上表


刀 大磨上無銘 千代鶴守弘 切先裏刀 大磨上無銘 千代鶴守弘 中央裏刀 大磨上無銘 千代鶴守弘 刀身区上差裏

刀 大磨上無銘 千代鶴守弘 ハバキ


千代鶴守弘押形
Ginza Choshuya All Rights Reserved


銀座長州屋ウェブサイトトップページ