ご注文はこちら
三つのお約束

株式会社銀座長州屋HPへ


大磨上無銘 伝長船重真(良業物)

Katana
no sign (O-suriage mumei)
den Osafune Shigezane (Yoki Wazamono)

備前国 南北朝初期建武頃 約六百八十年前

刃長 二尺一寸九分二厘 Edge length; 66.4cm
反り 三分六厘 Sori (Curveture); approx.1.09cm
元幅 一寸五厘半 Moto-haba(width at Ha-machi); approx. 3.2cm
先幅 七分 Saki-haba (width at Kissaki); approx. 2.12cm
棟重ね 二分
鎬重ね 二分二厘強 Kasane (thickness); approx. 0.67cm
彫刻 表裏 棒樋掻通し
金着二重ハバキ 白鞘入

昭和四十四年大阪府登録

特別保存刀剣鑑定書(伝長船重真)
Tokubetsu hozon certificate by NBTHK (attributed to den Osafune Shigezane)

価格 1,000,000円(消費税込)

 長舩重真と極められた刀。重真は切れ味最上大業物に列せられた長舩元重の弟と伝え、元重を柱とする一門の主要鍛冶として刃味優れた多くの太刀を世に送り出している。
 この刀は、元来は二尺七、八寸ほどの大太刀。元先の身幅が広く、鋒延び、刃肉を削いで刃の抜けを高めた、南北朝時代の特徴的造り込み。地鉄は板目肌が流れて刃寄り柾がかり、地沸が付いて淡い映りが全面に立ち、殊に物打辺りは、地斑状に複雑な景色を生み出している。刃文は比較的焼の浅く腰の開いた互の目に片落ち風の刃を交え、帽子は掃き掛けを伴って先小丸に返る。匂を主調にした焼刃は、平地側に湯走りが流れ込み、小型の葉や島刃、飛焼が点在、刃境には金線を伴うほつれ、喰い違い、二重刃も顕著。刃中にも小足、葉、刃寄りの柾肌に沿って無数の金線を伴う砂流し、沸筋が濃密に働き、帽子の金線、砂流し、沸筋、掃き掛けへと連なる。

刀 大磨上無銘 伝長船重真刀 大磨上無銘 伝長船重真刀 大磨上無銘 伝長船重真 白鞘

刀 大磨上無銘 伝長船重真 切先表刀 大磨上無銘 伝長船重真 刀身中央表刀 大磨上無銘 伝長船重真 ハバキ上表


刀 大磨上無銘 伝長船重真 切先裏刀 大磨上無銘 伝長船重真 中央裏刀 大磨上無銘 伝長船重真

刀 大磨上無銘 伝長船重真 ハバキ




重真押形
Ginza Choshuya All Rights Reserved