ご注文はこちら
三つのお約束

株式会社銀座長州屋HPへ

太刀
銘 行國(千手院)

Tachi
Yukikuni (Senjuin)


大和国 鎌倉前期  約八百年前

刃長 二尺一寸六分 Edge length; 65.4cm
反り 六分三厘 Sori (Curveture); approx.1.91cm
元幅 八分五厘 Moto-haba(width at Ha-machi); approx. 2.58cm
先幅 四分九厘 Saki-haba (width at Kissaki); approx. 1.49cm
棟重ね 一分六厘強
鎬重ね 一分九厘 Kasane (thickness); approx. 0.589cm

金着二重ハバキ 白鞘付

黒漆塗梅花紋蒔絵鞘太刀拵入 Kuro urushi nuri Baika mon makie saya, Tachi koshirae
拵全長 三尺二寸 Whole length; 97cm
柄長 七寸六分 Hilt length; 23.1m

昭和二十六年愛知県登録

特別保存刀剣鑑定書(千手院) Tokubetsu hozon certificate by NBTHK (attributed to Senjuin)


奈良若草山麓の千手院谷に鍛冶場を設けていたと伝えられる千手院鍛冶は、大和五派の中でも殊に歴史が古い。この行國は「行」を通字としている行信の流れを汲む工であろう、時代が上がり、しかも銘が遺されている千手院派の作は極めて少なく、同派の歴史を探る上でも貴重な太刀である。
 細身に仕立てられた刀身はゆったりと下半で反って上品。柾状に強く流れた板目鍛えの地鉄は一段と古調に詰んで明るく、映りが鎬寄りから墨流しのように広がって大模様の互の目状あるいは丁子状に濃淡変化し、刀身を流れる。浅く湾れた二重刃が顕著な刃文は技巧味がなく自然な出入りで連続し、帽子は掃き掛けてごく浅く返る。焼刃は明るく澄み、地側には湯走りが同調してさらに映りにも働き掛かる。この境界には細い金線を伴うほつれが掛かり、繊細な沸と匂の筋が地中に流れ込む。磨り上げられた茎の下端部には八百年の錆肌と共に、強く切り込まれた行國の二字が鮮明に残されている。
 頑強な鉄地金具を備えとし、黒漆塗の鞘に梅花紋が蒔絵された、関ヶ原を降らない実戦用の太刀拵が附されている。

 

太刀 銘 行國(千手院)太刀 銘 行國(千手院)黒漆塗梅花紋蒔絵鞘太刀拵 刀身 太刀 銘 行國(千手院)太刀 銘 行國(千手院) 白鞘

太刀 銘 行國(千手院) 切先表太刀 銘 行國(千手院) 刀身中央表太刀 銘 行國(千手院) ハバキ上表


太刀 銘 行國(千手院) 切先裏太刀 銘 行國(千手院) 中央裏太刀 銘 行國(千手院) ハバキ上裏





太刀 銘 行國(千手院) ハバキ



行國押形
Ginza Choshuya All Rights Reserved