ご注文はこちら
三つのお約束

株式会社銀座長州屋HPへ

太刀
銘 白石住宮城典真作
平成十六年二月日

Tachi
Shiraishi ju Miyagi Norimasa tsukuru
Heisei 16 nen 2 gatsubi

宮城典真 宮城県白石市

刃長 二尺五寸三分二厘 Edge length; 76.7cm
反り 七分六厘 Sori (Curveture); approx.2.3cm
元幅 一寸一分五厘 Moto-haba(width at Ha-machi); approx. 3.5cm
先幅七分八厘 Saki-haba (width at Kissaki); approx. 2.37cm
棟重ね 二分四厘半
鎬重ね 二分五厘 Kasane (thickness); approx. 0.76cm
彫刻 表裏 棒樋掻流し
金着一重太刀ハバキ 白鞘付

金梨子地塗鳳凰蒔絵鞘衛府太刀拵入 Kin nashi-ji, Ho-oh makie saya, Efu-dachi koshirae
拵全長 三尺七寸五分 Whole length; 113.7cm
柄長 九寸 Hilt length; 27.3cm

平成十六年宮城県登録

 寸法長く身幅広く、腰反り深く付いて踏ん張りがあり、先反りも付いて猪首鋒に結んだ鎌倉時代.中期の太刀姿を手本とし、端正な直焼刃を施した宮城典真刀匠の作で、金梨子地塗鞘に桐紋金具で装った衛府太刀拵に収められている。典真刀匠は昭和三十五年の生まれで本名は正年。栗原彦三郎昭秀に学んだ父の下で作刀技術を習得し、備前長舩長光などの古作の再現を研究。殊に、緻密に詰んだ小板目鍛えの地鉄に小足の入る青江風の直焼刃が冴えて浮かび上がる、美しい作を得意としている。
 この、ゆったりと反りが付いて優雅な印象の太刀が典真刀匠の典型作。小板目鍛えの地鉄にうっすらと板目肌が交じり、細かな地景が現われて肌目を綺麗に際立たせている。直刃仕立ての刃文は、淡い小足が濃密に射して刃中に小互の目が連続する構成。
 附されている衛府太刀拵もまた、微塵に煌く梨子地塗に鳳凰を蒔絵した美しい鞘を漆黒の赤銅魚子地高彫金色絵の五三桐紋総金具で装い、毛抜形目貫を出鮫柄に据えた、古式を手本とした造り込みとされている。

太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日金梨子地塗鳳凰蒔絵鞘衛府太刀拵 刀身 太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日 白鞘

太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日 切先表太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日 刀身中央表太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日 ハバキ上表


太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日 切先裏太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日 中央裏太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日 ハバキ上裏














太刀 白石住宮城典真作 平成十六年二月日 ハバキ



Ginza Choshuya All Rights Reserved